北区ニュース

北区が新型コロナウイルス対策で新たな3つの支援策を準備しているみたい。

北区新型コロナウイルス支援策

北区役所の公式サイトで、新型コロナウイルス対策で新たな支援策を3つ準備しているようです。

(1)(仮称)北区「雇用調整助成金代行申請」助成制度の創設

(1)(仮称)北区「雇用調整助成金代行申請」助成制度の創設
新型コロナウイルスの影響に伴い、国の雇用調整助成金の助成を受けようとする区内中小企業者に対し、社会保険労務士に申請を
代行した費用の一部を助成する。
北区公式サイトより

⇒これは嬉しいですね。費用の一部とあるので、助成額がどれくらいになるかも気になりますが。編集員、実は3月に雇用調整助成金の申請について調べたことがあるのですが、本当に手間がかかるものでした。

また、助成額も支払った金額ではなく、計算式があってそれにあてはめて、その上での助成率の適用となっていました。

社労士さんに頼むと、それなりの申請費用がかかるので、雇用を守る助成金を申請するのに手数料がかかるという状態になってしまいます。もちろん、社労士さんにも生活があるわけで無料でやるわけにもいきません。

北区には社会保険労務士を無料で数回派遣する「社会保険労務士出張相談」という制度があります。この制度はあくまで相談が主のようで、公式ぺージには「実務を伴う申請に必要な書類の作成や内部調整等の費用は、別途ご負担いただくことがあります。」とあります。

雇用が大変だから助成を申請するわけなので、費用面でも、全力で雇用調整助成金の申請に社労士さんのチカラを使えるようにしてほしいですね。助成率がどうなるか気になります。

(2)(仮称)北区新型コロナウイル対策設備投資支援事業の創設

(2)(仮称)北区新型コロナウイル対策設備投資支援事業の創設
区内中小企業者が事業継続のために行う「新しい日常の定着」に向けた事業所・店舗の設備投資について、費用の一部を助成する。
北区公式サイトより

東京都も「新型コロナウイルス感染症緊急対策 設備投資支援事業」という助成制度があるようですが、違いがなんなのか注目しましょう。

(3)区内共通商品券の発行(拡充)

(3)区内共通商品券の発行(拡充)
新型コロナウイルス感染症拡大の収束を見据え、区民生活及び商店街への支援を強化するため、発行規模を倍増、プレミアム率も拡充した区内共通商品券を発行する。
発行規模 4億円 プレミアム率20% 感染拡大防止の観点から、抽選方式での販売を検討している。
北区公式サイトより

プレミアム率20%とはスゴイですね!!!!これは北区内の活性化に一役買ってくれそうです。

まだ各支援策の詳細やスケジュールは決まってないようですが、決定が待たれますね。

『新型コロナウイルス感染症対策支援制度相談会』

また、『新型コロナウイルス感染症対策支援制度相談会』をはじめるみたいです。

青色申告会、行政書士、公認会計士、社会保険労務士、税理士、中小企業診断士などの専門家が、国や東京都、北区における「資金繰り」や「雇用・従業員」などに関する支援制度の案内などをしてくれるみたいです。いろいろな支援制度がたくさんあるので、なかなか分かりにくいと思います。

こういう機会を利用して、整理して、使えるものや利用できるものはすべて使っていかれるといいと思います。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

■詳細はこちら

【新型コロナウイルス】東京都北区の感染者数の累計値推移
【新型コロナウイルス】東京都北区の感染者数の累計値推移 東京福祉保健局および北区役所が発表している、新型コロナウイルスの北区の感染者数の“累計値”の推移をまとめています。 https...