北区これ知ってる?

鉄道の混雑率調査結果に赤羽駅を含む区間がランクイン。混雑している区間はどれ?【東京都北区クイズコーナー】

東京都北区をテーマにしたクイズに回答することで、北区をより知ることができる【東京都北区クイズ】コーナー。

今回のクイズはこちら。

国土交通省が公表した都市鉄道の混雑率調査結果(令和2年度実績)に赤羽駅を含む区間がランクインしています。混雑しているという調査結果が出たのは、どの区間でしょうか?

a. 赤羽→十条(埼京線)
b. 浦和→赤羽(湘南新宿ライン)
c. 浦和→赤羽(宇都宮線)
d. 川口→赤羽(京浜東北線)

国土交通省の資料によると、令和2年度の東京圏の平均混雑率は107%。(前年度の調査では163%)。緊急事態宣言やテレワークの推奨で、混雑率が大幅に減少したのが分かりますね。

赤羽を含むある区間では、この107%を超えたため、調査結果に記載された模様。
赤羽 ララガーデン

いったい、どの区間でしょうか。






















正解は、d. 川口→赤羽(京浜東北線)です!

資料によると、川口→赤羽(京浜東北線)の7:20~8:20の混雑率は118%で、資料内では4番目に多い混雑率。

混雑率上位5区間は以下の通りです。

武蔵野線 東浦和 → 南浦和(134%)
埼京線 板橋 → 池袋(127%)
南武線 武蔵中原 → 武蔵小杉(120%)
京浜東北線 川口 → 赤羽(118%)
横須賀線 武蔵小杉 → 西大井(117%)

ベッドタウンから主要駅へ向かう区間が混雑しているようですね。

板橋 → 池袋の区間の127%の混雑率にも少々驚きました。

引っ越しや新居を構える際に、こういう資料に目を通すのもいいかもしれませんね☆彡

出典元:国土交通省「三大都市圏の平均混雑率は大幅に低下~都市鉄道の混雑率調査結果を公表(令和2年度実績)~」

■赤羽マガジンでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

●赤羽マガジン公式インスタグラムはこちら。
●赤羽マガジン公式フェイスブックはこちら。
●赤羽マガジンTwitterはこちら。